adversarial-ethics1

潜在的などの医師?

投稿者: admin
潜在的などの医師?

勃起不全の兆候があれば、早急に専門医に相談し、問題を解決する必要がありますが、男性の性欲を治療するのはどの医師でしょうか。原因によって選択します。男性の性的能力を回復させるためには、1人の専門家が必ずしもうまくいくとは限りませんが、2人、3人で補完し合っていくことになります。

勃起不全とは?

最近、この言葉が医学辞典に載り、「インポテンス」という診断に取って代わった。このような処方は、男性の精神的なトラウマになりにくいと考えられています。勃起不全とは、定期的に起こる性機能の逸脱のことで、男性が生涯にわたってセックスをすることを妨げるものです。

  1. 朝晩の勃起力がない。
  2. 性行為、自慰行為時に性器が柔らかい。
  3. 早漏である。
  4. オーガズム時の射精感がない。
  5. 性欲が減退する。
  6. ペニスをまっすぐに保つことが難しい。

症状があること、特に一度に数回あることは、病院に行く理由となりますが、どのような医師が必要でしょうか。体調不良や疲労で一度寝室で「恥ずかしい思いをした」なんて話じゃないんです。その状態が繰り返されたり、頻度が高くなったりする場合は、勃起不全の始まりである可能性があります。

機能障害の種類とタイプ

さらに治療を成功させる鍵は、特定のケースにおける性的障害のタイプを見極めることです。専門医は、原因を特定するために、患者さんにいくつかの質問をします。
ポテンシーは、多くの要因に影響される微妙な身体機能です。勃起不全は、その原因により、一般的に3つのタイプに分けられます。

  • 心理的な;
  • 生物学的
  • を混ぜたものです。

器質性インポテンスは、生殖器系とは直接関係のない病気が原因で起こります。勃起不全の大部分、最大80%がこれに該当します。性的な困難は、パートナーとのあらゆる接触を伴って徐々に現れ、男性はそれを見逃すことはない。精神的な問題は器質的な勃起不全を悪化させる。混乱、失敗への恐れ、パートナーのセクシュアリティの欠如の認識 – 男性にとって状況を悪化させる。
心因性疾患の割合は低くなっています。このような権力の蹂躙は、いつかは崩壊する可能性がある。これは多くの場合、特定の「アンカー」(状況、環境、行動)に依存します。自慰行為をしているときは、たいていすべてがうまくいき、朝にはペニスは「戦う準備」が整っています。自分の体を観察して、肉体的あるいは精神的にどの医者が必要かを判断するのである。

自分で解決する方法はありますか?それとも直接ドクターに?

自分でできることもあるが、そうでないこともある。例えば、イギリスの国民保健サービスでは、1週間に112g以下、1回の食事でそれ以上摂取しないことを推奨しています。あるいは、週に3時間以上運転する人は、しばらく自転車を止めたほうがいいかもしれません。また、医師は定期的な運動、特に早歩きやランニング、サッカーなどの中強度から高強度の有酸素運動を推奨しています。しかし、薬やサプリメントによるセルフメディケーションは意味がない。
一般的なアドバイスで解決しない場合、または医師に相談することが重要です。

  • 勃起不全が再発する
  • 早漏
  • 糖尿病、心血管系疾患、慢性腎臓病で発生する
  • 勃起不全などの症状への不安

医師はどのような治療を処方してくれるのでしょうか?

勃起障害を発症する原因や要因によって、日程は異なります。例えば、高血圧が原因の勃起不全の場合、医師から血圧を下げる薬を勧められることがあります。また、慢性的なストレスや不安、うつ病に対しては、抗うつ剤をお勧めすることもあります。さらに、勃起不全を直接治療する薬として、ホスホジエステラーゼ5型阻害剤があります。しかし、どのような場合でも、最適な治療法を処方できるのは医師だけです。

効果に問題がある、どの医師に連絡すればよいのか?

効果に問題がある、どの医師に連絡すればよいのか?

性の健康に不安を感じたら、できるだけ早く専門家に相談しましょう。放置すればするほど、回復のための戦いに時間がかかる。男性のインポテンツを治療する医師は?
効能の問題は、泌尿器科医と肛門科医という異なる専門家が対応します。性科学者と心理学者が、問題の心理的な起源について手助けしてくれるでしょう。多くの場合、医師と「心理士」がチームとして患者さんに対応します。
アンドロロジスト
まずはアンドロジストから。彼は予備調査を行い、必要であれば、さらに交渉のためにそれを送ります。アンドロジストとは、具体的にどのような仕事をするのですか?

  1. 症状のイメージを集める、症状が出始めたら変化する。
  2. 生殖器年齢の発達、明らかな欠陥の有無などを確認する。
  3. 前立腺の触診を行う。
  4. 患者さんの身体-体の形、ひげ、体を診る。

初診が終わった時点で、医師は大まかな状況を把握しています。診断を明確にするために、提案したり、検査を依頼したり、より多くの作業を行うことができます。
不妊症、性感染症、尿路感染症、前立腺感染症など、男性の悩みを解消するお手伝いをします。
勃起不全の泌尿器科医
アンドロロジーは、男性の健康や体力を維持するために、同様に重要な医師です。女性が年に1回婦人科を受診するように、男性も泌尿器科を受診することをお勧めします。特に35歳を過ぎてから。予防的なセッションにより、前立腺、泌尿器、ホルモンのアンバランスを早期に発見することができます。例外的な訪問の理由は以下の通りであるべきです。

  • 性行為の最後まで勃起を維持することが困難である。
  • 性行為の激しい制限。
  • 性感染症や過剰生産
  • 朝の規則正しい運動不足
  • 早漏
  • 夫婦が希望する場合、1年以内に妊娠することができないこと。
  • 尿道からの出血、発疹、発赤、かゆみ、その他の病的な症状。

泌尿器科医は、泌尿器科医と同じように初診を行う。泌尿器科医は、症状を受け止め、診察し、患者さんの病歴を確認し、さらなる検査を指示し、診断を下し、治療計画を立てます。

泌尿器科とアンドロイドの違い

一見、andrologistと泌尿器科医は名前が違うだけで同じ医師と思われるかもしれません。実は、このようなことはないのです。泌尿器科医は、腎臓、尿路、尿管、膀胱など、尿路性器全般の疾患を専門とする男女の医師が入院しています。面倒を見る。

  • 膀胱の炎症
  • 砂と腎臓結石
  • 尿路の損傷
  • 性感染症
  • 腎臓の炎症
  • 水腎症

アンドロジストはあくまで男性医師であり、女性を相手にすることはない。診療範囲は生殖機能を含む。

  • ホルモンの異常
  • 精索静脈瘤
  • 前立腺の腺腫
  • 前立腺炎
  • dyserectionです。

生殖能力、勃起、性欲は泌尿器系と密接な関係があるため、アンドロロジストは自分の仕事を理解しなければならないのです。次に、泌尿器科医は不妊症や鼠径部静脈瘤の治療には対応できないでしょう。どちらの専門医も街で受け入れられるとは限りませんが、診察する医師を選べるのであれば、アンドロロジーの専門医が有利でしょう。

性科学者に相談する場合

性科学者に相談する場合

性科学者は、男性および女性の性的領域のあらゆる障害を扱います。仕事の性質上、泌尿器科医や肛門科医と一緒に仕事をすることが多い。男性の場合、器質的な勃起不全は、さまざまなタイプのコンプレックスや恐怖を支配していることが多い。性科学者は常に、つらいときに助けてくれるちょっとした心理学者なのです。と連絡する。

  • 性欲が減退する。
  • 永続的なパートナーとの利害関係がなくなること。
  • ダイセキ。
  • 射精困難(早漏、オーガズムに達するのが困難)。

もし、セックス中の問題の物理的な原因が特定されず、ほとんどのセックスが困難で、喜びの代わりに自分との闘争感や結果の追求を引き起こすのであれば、性科学者なしではやっていけません。
初回訪問はお客様ご自身でお願いします。医師が問題を聞き、患者さんから必要な情報を収集し、コンタクトを取ります。また、今後の予約の際には、永久的なパートナーと一緒に来るようにとアドバイスされることもあります。夫婦でコミュニケーションをとることで、状況を迅速に解決し、恋愛における関係の本質をより深く理解し、効果的な方法・手法を選択することができます。

男性への治療における心理療法士の役割

男性がメンタルインポテンツを発症する理由は様々です。

  • 常にストレスがかかる
  • 過負荷なライフスタイル
  • ランダムな性的パートナーの回転木馬。
  • 親の影響、幼少期、青年期の重要な人物のエコー。
  • 心に深く刻み込まれたセックス中の出来事。

問題の原因がわかっても、自分では解決できないことが多いのです。良い心理学者は、既成の答えを与えるのではなく、専門家が答えを見つける手助けをします。医師は、内部パラメータに働きかける具体的な自己トレーニング方法を教えてくれます。男性は子供の頃から「文句を言うな」「怒るな」「恥を知れ」と教育されているので、問題に対して細かく謝罪することで、前向きな変化につながることが多いのです。
専門家はカップルに協力し、対立状況を解決し、関係をリフレッシュし、お互いへの古い関心を回復する手助けをします。勃起不全の原因には誤解が多い。夫が器質性インポテンスであっても、女性は心理カウンセラーに相談することができます。この段階では、家族の関係に特別な微気候を作り出す必要があります。
最悪の選択肢は、電源の問題を無視することです。自分の健康を守るために必要な医師が決まったら、受診を遅らせないようにしましょう。どのような医療的援助が必要なのかがはっきりしない場合は、まず身体の状態を調べてから、心理カウンセラーに相談することをお勧めします。

泌尿器科医・andrologistの治療内容:他の「男性医師」との違い
男性泌尿器科医とは?泌尿器科医や性病科医とどう違う?アンドロジストは何を治療するのですか?これまで泌尿器科医は、男性の前立腺炎の症状や泌尿器系の病気の治療、勃起力の向上などを行う男性医師と考えられていました。
心理学や精神医学、泌尿器学、神経学、内分泌学などの知識をもとに、男性のインポテンツや不妊の原因を特定・除去し、強者と弱者の両方のさまざまな性障害を解決するのが、性科学者です。
男性泌尿器科医は、男性の生殖機能および性的機能不全の治療のみを扱います。
性欲減退、性機能障害、勃起不全、生殖器官の美容上の欠陥など、男性特有の問題に対処するのが男性泌尿器科医の仕事です。
また、男性不妊症、先天性生殖腺機能低下症、放射線障害、肥満症などの治療を行う医師をアンドロジストという。アンドロロジー学科では、男性の性的、生理的、心理的な老化に対処する方法を見出し、男性の避妊に関する問題に取り組んでいます。
アンドロジストとは、通常50歳から55歳の間に起こる生理的な更年期障害に対処するための医師である。内分泌腺の働きが低下し、生殖機能が低下し、ホルモンバランスが変化し、老いを感じるようになるのです。
泌尿器科医andrologist – 何を治療するか?という、複数の分野で同時に研究されている病気と闘う。

  • 泌尿器科
  • 内分泌学
  • 性的病理学
  • マイクロサージェリー
  • 形成外科、血管外科
  • 静脈学。
  • 皮膚疾患
    泌尿器科医と泌尿器科医は、以下のような疾患を治療します。
  • inflammation of prostate – 前立腺の炎症。
  • 前立腺腺腫-時間の経過とともに発生する、前立腺組織の良性増殖。
  • メタボリックシンドローム:ホルモンの分泌不足と人体の代謝過程の乱れによって引き起こされる複合的な自然障害。
  • 包茎 – 陰茎の包皮輪が狭くなり、亀頭が抜けなくなることです。
    泌尿器科医、泌尿器科医に予約を取るべき状況
  • 排尿困難または排尿痛がある。
  • 咳、くしゃみ、笑った時に尿が出にくい。
  • 尿道からの漏れ
  • 性欲の減退
  • 陰茎、陰嚢、腰、会陰に痛みがある場合。
  • 勃起の悪化
  • 性交渉の時間を短縮する場合。
  • 12ヶ月間の定期的なセックスで妊娠が不可能な場合。
  • を、妊娠前の予防的診断処置として行う。
    泌尿器科医、泌尿器科医に予約を取るべき状況
  • 排尿困難または排尿痛 ;
  • 咳、くしゃみ、笑うと尿が出にくい。
  • 尿道からの漏れ
  • 性欲の減退
  • 陰茎、陰嚢、腰、会陰に痛みがある場合。
  • 勃起の悪化
  • 性交渉の時間を短縮する場合。
  • 12ヶ月間の定期的なセックスで妊娠が不可能な場合。
  • 妊娠を予定する前の予防的な診断方法として。

泌尿器科疾患の発症リスクがあるのはどのような人ですか?

このグループには、以下のような特徴を持つ男性が含まれます。

  • 40歳以上
  • 身近な人が前立腺の炎症、腺腫、癌、痔、下肢静脈瘤などの病気を持っている場合。
  • 低体温症の再発(例:冬に氷上釣りが好きな人)。
  • パッシブライフスタイル
  • 長期の性欲減退、不規則な性生活、セックスの中断を繰り返す。
  • 複数の性的パートナーとの無防備なセックス。
    男性不妊症発症の危険因子として、性感染症の既往がある。
    男性の精子の質と数は、生活習慣、食生活、不摂生、性交渉の規則性などに直接関係しています。
    男性の精子の質には、以下のような要因が悪影響を及ぼすと言われています。
  • 喫煙;
  • 薬物摂取
  • アルコール依存症
  • 特定の薬を飲んでいる
  • 毒素が体に及ぼす影響
  • 放射性物質、電磁波
  • 内分泌・泌尿器系疾患、血液・肝臓系疾患。

泌尿器科医、男性泌尿器科医は、男性の生殖器系の機能不全を引き起こす疾患を特定し、治療する手助けをします。